下総菓匠
千葉 虎屋

昭和13年(1938年)千葉市栄町(現中央区栄町)にて創業。
のちに千葉市富士見(現中央区富士見)に移転し、 現在まで一貫して、手作りの和菓子にこだわり続けています。


店 主 森山 浩一(3代目)

千葉県の有名和菓子店にて修行後、
日本菓子専門学校講師として勤務し、
横浜の有名和菓子店での勤務を経て家業である
下総菓匠 虎屋の代表取締役社長に就任。

受賞歴

千葉県技能祭 千葉県知事賞 受賞
現代の名工 千葉県卓越技能賞 受賞
全国菓子大博覧会 茶道家元賞 受賞
全国菓子大博覧会 金賞 受賞


下総菓匠 千葉 虎屋の原点

初代、 戦前 戦後の食事情から食べることに苦労した創業者(森山清治)は 人に喜ばれるお菓子を作ろうと、 和菓子店を志しました。

青年期、菓子店に修業に入り、
「多くの人に愛される、和菓子をつくりたい」という想いに駆られます。
それが下総菓匠 虎屋のはじまりでした。

「長く愛される和菓子ってなんだろう・・・」
そう考えたとき、頭に浮かんだのはどら焼きだったのです。

「我が子に食べさせたい。」
という強い想いから生まれたのが
ちぎってそのまま食べられるほど柔らかく、
小豆の香りがほどよく、ほんのり甘い究極のどら焼きでした。

その後、試行錯誤を繰り返し
「やわらかさ」「きめ細やかさ」「甘味」「香り」
すべてにおいて納得のいくどら焼きが完成しました。
虎屋の全てが詰まった銘菓「焼きたて どら焼き」をどうぞご賞味いただければ幸いです。


厳選された素材

北海道産の小豆
虎屋では、北海道産の小豆を100%使い、マメから当店職人が作った餡をつめて手作りしています。


四季折々の茶席菓子

虎屋の上生菓子は常に素材の違う6品をご用意。
2週間に1度、6品全てを品替えしています。
月2回の品替えにより、1ヶ月に12種類、1年で140種類以上の上生菓子が並びます。
全て自家製餡を使用し、ひとつひとつ心を込めた手作りです。

四季折々、季節の移ろいを
虎屋の上生菓子でお楽しみください。